Boot

一覧へ戻る

Overview

Bootフォルダーは、Phaserの起動プロセスに関連する関数やクラスを集めたものです。以下を含みます。

Game Config

この関数はゲームコンストラクターに渡される設定オブジェクトを受け取り、該当オブジェクトで提議されるプロパティーから情報を得ます。

Create Renderer

これはDevice Managerと連動して、ゲームのために適したレンダラーとしてCanvasWebGLを設定します。

Debug Header

Debug HeaderはPhaserの通知をconsole.logに出力する制御をします。Phaser3ではこの機能が大幅に変更になりました。この機能をゲームの促進に利用したり、完全に機能を隠すこともできます。

Game

“Game”はPhaserを制御する中心となるものです。”Phaser.Game”コントローラーで、全てのグローバルシステムの構築をします。

TimeStep

Time Stepは、RequestAnimationFrameやSetTimoutの制御の基準となる経過時間(delta time)の値を制御します。これにより、表示の損失、経過時間のリセット、そして、ゲームを進行させる呼び出しを制御します。

Visibility Handler

Visiblity HandlerはDOMページの表示やブラー、フォーカスのイベントを監視して、ゲームの状態を更新します。

Examples

Gameの設定用オブジェクトをGameのコンストラクターに渡す例です。

var config = {
    width: 800,
    height: 600,
    resolution: 1,
    type: Phaser.WEBGL,
    parent: 'phaser-example',
    state: {
        preload: preload,
        create: create
    },
    callbacks: {
        preBoot: function () { console.log('I get called before all of the Game systems are created, but after Device is available')},
        postBoot: function () { console.log('I get called after all of the Game systems are running, immediately before raf starts')}
    }
};

var game = new Phaser.Game(config);

一覧へ戻る

Print Friendly, PDF & Email